MEGについてABOUT MEG

沿革

2002年(平成14年) 10月10日 株式会社宮地鐵工所と宮地建設工業株式会社との「経営統合に関する覚書」を締結
2003年(平成15年) 05月12日 両社の完全親会社となる持株会社「宮地エンジニアリンググループ株式会社」設立を決定し、「共同株式移転契約書」を締結
06月27日 両社株主総会において承認
09月29日 宮地エンジニアリンググループ株式会社設立、東京証券取引所市場第一部上場
2011年(平成23年) 02月15日 宮地建設株式会社を設立(現 連結子会社)
03月30日 宮地技工株式会社(平成27年7月株式会社エム・ジー・コーポレーションと改称・現 非連結子会社)の全株式を株式会社宮地鐵工所から譲受
03月31日 株式会社宮地鐵工所と宮地建設工業株式会社を合併し、商号を宮地エンジニアリング株式会社に変更(現 連結子会社)
2015年(平成27年) 04月01日 エム・エム ブリッジ株式会社(平成27年4月三菱重工鉄構エンジニアリング株式会社から改称・現 連結子会社)の株式51%を三菱重工業株式会社から取得

宮地エンジニアリング グループ設立までの沿革

  株式会社宮地鐵工所 宮地建設工業株式会社
1907年(明治41年) 9月 宮地栄治郎個人経営で東京市本所区南二葉町に創業
ボルト、鉄扉等の製作及び建築鉄骨組立工事請負を開始
 
1919年(大正 8年) 1月 東京府南葛飾郡大島町に大島工場を新設し、翌9年より橋梁架設工事を開始  
1923年(大正12年) 10月 関東大震災を機に合資会社宮地鐵工所に改組、資本金5万円  
1931年(昭和 6年) 1月 本社並びに工場を城東区南砂町に新設  
1938年(昭和13年) 4月 合資会社を株式会社宮地鐵工所に改組、資本金50万円  
1945年(昭和20年) 3月 東京大空襲により工場が全焼、海軍艦政本部要請により長野県波田村に一部工場を移転し波田工場(松本工場)を開設(平成26年12月完全操業停止)  
1949年(昭和24年) 3月 宮地建設工業株式会社を創設し、土木部門を分離(平成23年3月宮地エンジニアリング株式会社と改称) 株式会社宮地鐵工所の土木部門が分離独立して、東京都中央区に設立
10月   建設業法制定により建設大臣登録
1950年(昭和25年) 11月   本社を東京都文京区に移転
1958年(昭和33年) 8月 大阪営業所、名古屋営業所、札幌営業所開設  
10月 株式を東京証券市場に店頭公開  
1959年(昭和34年) 5月 福岡営業所開設  
1961年(昭和36年) 10月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場  
1962年(昭和37年) 8月 株式を東京証券取引所市場第一部に上場(平成15年9月上場廃止)  
1963年(昭和38年) 4月   栗橋倉庫開設(現 栗橋機材センター)
7月   大阪出張所開設(現 関西支社)
1964年(昭和39年) 2月   株式を東京証券取引所市場第二部に上場(平成15年9月上場廃止)
1972年(昭和47年) 8月 沖縄営業所開設  
1974年(昭和49年) 3月   建設業法による特定建設業の許可
1977年(昭和52年) 1月   本社を東京都江東区に移転
1978年(昭和53年) 6月 仙台営業所開設  
1983年(昭和58年) 7月   本社を東京都豊島区に移転
10月 本社を東京都中央区に移転、工場を臨海橋梁工場として千葉工場(市原市)に移転し全面操業開始、東京工場(砂町)を閉鎖  
1989年(平成元年) 8月   株式会社成和建設の株式を取得(平成3年1月エム・ケイ・エンジ株式会社と改称・現 非連結子会社)
1990年(平成 2年) 6月 千葉県市原市に株式会社ひまわりを設立(平成5年6月宮地技工株式会社と改称)  
1991年(平成 3年) 8月   九州事業所開設(現 福岡営業所)
1994年(平成 6年) 10月 広島営業所開設  
1995年(平成 7年) 11月   株式会社宮地鐵工所との共同出資により株式会社宮地総合メンテナンスを東京都千代田区に設立
1998年(平成10年) 10月 千葉県市原市に株式会社エム・アイ・シーを設立(平成27年7月宮地技工株式会社・現 株式会社エム・ジー・コーポレーションと合併し消滅)  
2003年(平成15年) 2月   株式会社宮地総合メンテナンスの株式を買い増しし、同社を完全子会社化
4月   株式会社宮地総合メンテナンスを吸収合併
9月 宮地エンジニアリンググループ株式会社設立、東京証券取引所市場第一部上場
これに伴い株式会社宮地鐵工所は上場廃止
宮地エンジニアリンググループ株式会社設立、東京証券取引所市場第一部上場
これに伴い宮地建設工業株式会社は上場廃止